勉強の、その先にあるものを見据えて。

勉強が出来るようになると、それだけで気持ちが軽くなります。

だから出来ないままでいるのはとても辛いことです。

では、そのためにどうすればいいのか、

それは実際に行動してみなければ、見つけることは出来ません。

そのための場所や時間という環境を

生徒に提供することが出来ればと考え、教室運営をしております。

よく勉強の仕方がわからないという生徒がいます。もちろん、

そうなのだと思いますが、多くの場合、気持ちの問題だと感じます。

勉強から逃げていることが原因であり、勉強をしないから、

仕方が分からない、そして仕方が分からないから、

勉強をしないという悪循環に陥っているのです。

これを断ち切らなければ先に進むことは出来ません。

だから、なぜ勉強するのか、勉強する意味は何なのか、

それを理解することが大切なのではないでしょうか。

また、授業内では必要に応じて、社会で起こっている様々なことを

話しています。そうして、社会の一員であるという自覚を持ち、

問題解決のための意識を持ってもらいたいと考えています。